お得な引越し業者の探し方

書いておきたいこと

書いておきたいこと

私の人生は今の状況を分析しておくと、あんまり人に言えないレベルの崖っぷちです。それほど大きな悪さを行ってきてはないけれど、金運が上昇しているような手応えも、まだまだ感じられません。呼吸できていて、両親が元気であり、翌日を迎えることができるだけでも、そこそこ、恵まれているはずなのですが、旧友との同窓会などの時期には、なかなか堂々と会えるような自分の実績がないために、ついつい居心地はよくないと感じます。どうしても理解できてないのは、旧友との再会のタイミングです。私がどん底の最も人に会いたくないような落ちめの時に限って、「たまには会おうよ!」というような優しい声かけがあるけれど、そういうチャンスに気がつけず、私は下向き加減を継続してきたのです。
ものは考えようだったのです。真剣にマイナスな現状を分析し、<HELP!>と、なかなか居えるはずもない事は、本当は周囲にも気がついて欲しいことです。たいていの場合は、優しいアドバイスをもらえたとしても、天邪鬼な私はサラッと考えもせずに大きなチャンスを今までに何度も逃してきたことは、悔しいほどの実体験です。
色んなことがある、そして様々な感情を乗り越えてきたつもりでも、やはり今の私はまだまだ経験値が小さいのです。このままでは良くないので、明日にでも早急に実家を飛び出し、何しろ親元を離れてしまうべきなのです。親が近くに居て安心感は互いに得られるけれど、遠くに家を構える。つまりは急すぎるけれど緊急で引っ越してしまったほうが、本当であればそれこそ丁度良い試練として、素晴らしい課題も見えてくるはずなのです。
ここで書いておきたいことは、<かわいい子には旅をさせよ!>の名言に近いことを考えたかったのです。生ぬるい環境も悪くないけれど、できることを最大限に拡大するための、自分に向けて課題のようなことは、やはり待っているのではなく、望む位ぢゃないとだめなのかな?みたいな、時にはこんな日記も書いてみたかったのです。けっこう背伸びして書いてみました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

格安レンタルサーバー